アンケート結果
今回は「野菜と果物」をテーマに、Salad Cafeユーザーの皆様に聞きました。

最近、特定健康診査や特定保険指導など、新しい健康診断制度が話題になっていますね。

これは、肥満(特に内臓脂肪型肥満)が原因で、様々な病気になりやすくなった状態『メタボリック・シンドローム』が、治療の対象となったために、はじまった制度です。

この「特定保健指導」の中でも「食事指導」は重要な位置にあり、内蔵脂肪の多い人には、サラダをはじめてとする野菜料理などを進んで摂るよう、指導するのだそうです。

さて、今回のアンケートは「野菜はいつ食べることが多いですか?」という話題から。朝食で?ランチで?夕食で? ・・・さてさて、どんな結果になったのでしょうか?

アンケート資料の印刷はこちら
Q1.野菜はいつ食べることが多いですか?
(複数回答可)
Q2.果物はいつ食べることが多いですか?
(複数回答可)
Q3.日常生活の食事の中で、一番気にすることを下から選んで下さい。



「カロリーを気にする」という意見が第1位。
続いて、第二位が「塩分」でした。

「脂質」や「糖分」よりも、
「カロリー」を注意している方が多いようですが、
皆様は、いかがですか?

皆様からお寄せいただいた、シーンに合わせた野菜や果物の食べ方や、健康を考えたおすすめレシピをご紹介いたします。


・ 子供にたくさん野菜を食べてもらいたいので、味噌汁やパンケーキ、炊き込みご飯などにたくさん野菜を入れて出します。(20代女性)
・最近マイブームで、家にある野菜を「蒸し」て食事につけるようにしています。野菜の甘味が感じられるので、味付けは柑橘類を絞ったり、ポン酢・岩塩・オリーブ油などで飽きのこないようにしています。(40代女性)
・葉つきのにんじんや大根を買い、すてることなくサラダやスープのトッピングに。にんじんの葉はさわやかな味がするので、特にスープやピラフに散らすとおいしいです。(30代女性)
・冷蔵庫に残っている野菜をかたっぱしからみじん切りにしてひき肉と卵とまぜてハンバーグにします。野菜がたくさんとれます。(40代女性)
・塩分をとり過ぎないようにするため、塩は使わないでお酢や香辛料でサラダを食べます。(60代女性)
・塩分をとり過ぎないようにするため、塩は使わないでお酢や香辛料でサラダを食べます。(60代女性)

◇ 調査方法:Salad-Cafeセレクト!プレゼント応募時にアンケート調査を実施。