「タマゴ植物」と呼ばれる野菜は、何?

英語で「Egg Plant」と呼ばれているこの野菜。
紫色のものがポピュラーですが、中には白いものもあって、まるでタマゴのよう!
ヒントは、写真のガク。このかたちに見覚えがありませんか?

答えは写真をクリック!

クイズの答え

ドイツでは「タマゴ形のりんご」と呼ばれています。

答えは、なす。英語でエッグプラント、ドイツ語でアイエル・アプフェル(タマゴ形のりんご)といいます。原産地のインド東部で見かける野生種は、卵によく似た形の小なすだそうです。特に、日の当たらないところで育ったために白色になったなすは、卵が枝にぶらさがっているかのように見えるそうですよ。

ことわざ「秋なすは嫁に食わすな」の真意とは?

姑が嫁に意地悪をして、美味しい「秋なす」を食べさせないようにしていたという訳ではないようです。なすは水分を多く含んでいため、食べると体を冷やす効果があり、寒くなりはじめる秋に、お嫁さんが体調をくずさないようにと気遣ったことから、このようなことわざが出来たのだとか。また、なすには種が少ないため、「子宝に恵まれない」ことを案じて、食べさせないようにしたともいわれています。

紫色の皮に注目! -栄養素 ナスニン

実の大部分は水分で、ビタミンとミネラルはわずかしか含まれていない・・・などと、なすは栄養が少ない野菜といわれてきました。ですが、なすの皮の紫色の成分である、アントシアニンの一種“ナスニン”には、コレステロール値を下げる効果があることが判ってきました。ナスニンは、活性酵素の働きを抑える効果があり、老化防止やガン予防によいといわれています。 ですから、なすは皮をなるべく剥かずに調理して、上手に美味しく食べてくださいね。

なすの歴史

世界中で食べられている「なす」の原産地はインドの東部といわれています。日本には、1200年ぐらい前に中国から伝わり、奈良時代にはすでに栽培されていました。このルートは、いわば東ルート。一方、西ルートは、インドから古代ペルシャへ伝わり、ペルシャ貿易によって北アフリカを経由してヨーロッパへ渡りました。それから、アメリカ大陸まで伝わったのだそうですよ。

なすの旅

なすの保存方法

全体にはりがあって、ガクの部分のとげが鋭いものを選びましょう。なすは「風邪をひきやすい」といわれています。風に当たるとしなびれてくるので、ポリ袋に入れて水分の蒸発を抑え、冷やしすぎないように新聞紙などにくるんで冷蔵庫の野菜室に入れて、早めに食べましょう!


Recipe Search お好みレシピを見つけよう!

カテゴリー検索

ジャンル 調理時間 カロリー
※1ヶ所だけの選択でも、3つの要素を組み合わせても
レシピを検索できます。

フリーワード検索
※全角のひらがな、カタカナ、漢字でご入力ください。