TOP知る・楽しむ > オクラ

 オクラ特集

オクラってどんな野菜?

オクラは原産国がアフリカと言われ、暖かい環境でよく育ちます。「オクラ」という名称は、日本語のようですが実は「Okra」は英語名です。 日本語名はオカレンコン(陸蓮根)、アメリカネリ(黄蜀葵)とも言います。
また、漢字ではオクラを「秋葵」と書きますが、オクラはハイビスカスに似た花をつけ、黄色の大きな花弁は夏を彩るアオイの花に似ています。

オクラの花

オクラの栄養素

ネバネバの成分は、水溶性食物繊維のペクチンと複合たんぱく質のムチンです。ペクチンには血中コレステロールを減らし血圧を下げる効果があり、ムチンは胃の粘膜の保護、たんぱく質の消化促進、整腸作用があります。カロテン、ビタミンB1、B2、ビタミンC、カルシウム、カリウム、マグネシウムなども多く含まれ、体の免疫力をアップさせます。


選び方、調理のポイント、保存方法

◆美味しいオクラ選びのポイント
①鮮やかな緑色
緑色が濃く切り口やヘタに黒ずみがないもの。

②うぶ毛が多く、角がはっきりしているもの
表面にうぶ毛がびっしり生えていて、さやの先がピンとしてまっすぐなものが新鮮です。また、五角形の角がはっきりしているものを選びましょう。

③大きすぎないもの
オクラは育ちすぎると、苦くて味が落ちるので大きすぎないものを選びましょう。

オクラの選び方


◆オクラの調理方法
●塩づり
ゆでる前に塩でもんで、表面のうぶ毛を取ると、口当たりのいいネバネバとした食感を味わえます。

●「ガク部分」をとれば、頭(ヘタ)も食べられる!
オクラの頭のヘタの部分もゆでれば食べられます。ヘタと実の間あたりの出っ張った「ガク」に包丁の刃を入れ、くるっと鉛筆削りのように切り取ります。頭の部分をすべて切ってしまうと、ゆでる時にオクラの中に水が入って料理が水っぽくなってしまうので切らずに食べるのがおすすめです。

●ゆでてから、カット
オクラは中に穴が開いているので、切ってからゆでると、お湯が中に入り水っぽくなります。必ず1本そのままでゆでてください。

●ゆで時間
大きさによって多少ばらつきもありますが、1~2分が目安です。
ゆで上がったら、冷水にとって冷めてからしっかり水気を切ります。
食べる前にカットしますが、オクラは細かく刻むほどネバネバが増すので、メニューに合わせて切り方を変えるのがおすすめです。



◆相性のよい食材
●納豆
ネバネバ同志で相性もよく、ネバネバ成分のムチンが納豆のたんぱく質の消化吸収を助けます。

●長いも
多くの消化酵素が含まれており、一緒に食べた物の消化も促進し、胃腸の働きを助けます。

おくらと長芋のネバトロ生春巻き


◆保存方法
オクラは低温が苦手なので、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で2~3日保存できます。冷凍する時は塩をすりこんで茹で、冷凍用の袋に入れ冷凍庫で保存します。使う時はさっと熱湯にくぐらせるか、電子レンジで温めてから使います。


Recipe Search お好みレシピを見つけよう!

カテゴリー検索

ジャンル 調理時間 カロリー
※1ヶ所だけの選択でも、3つの要素を組み合わせても
レシピを検索できます。

フリーワード検索
※全角のひらがな、カタカナ、漢字でご入力ください。